・ディスプレイドライバの導入方法

・ディスプレイドライバとは

ディスプレイドライバとは、グラフィックカード(または統合チップセットの画面表示機能)を正しく動作させるためのソフトウェアです。モニタに文字や画を表示させるためにはディスプレイドライバが必要になります。
弊社までに寄せられる、ゲームの動作トラブルに関するお問い合わせの多くは、最新のディスプレイドライバを導入することで改善されています。

・ディスプレイドライバを調べる

[スタート]→[ファイル名を指定して実行]から名前の欄に半角英字で「dxdiag」と記入し[OK]ボタンを押すとDirectX診断ツールが立ち上がります。上部の「ディスプレイ」タブをクリックしてください。使用されているグラフィックチップビデオメモリの容量ディスプレイドライバのバージョンを確認することができます。※DirectX診断ツールを使用するにはDirectXをインストールする必要が御座います。DirectXはこちらから入手可能です。



・最新ディスプレイドライバの入手・適応方法

最新ドライバは各周辺機器メーカーのサイトから配布されています。
ドライバのダウンロード・適応方法の一例を下記ページで紹介しています。よろしければご参考ください。
※メーカー製パソコンをお使いの場合は、初めにパソコンメーカーのサイトから動作確認済みのドライバが配布されていないかご確認ください。

ドライバを導入する前に必ずお読みください

NVIDIA GEFORCEシリーズ (2007年5月29日現在)
ATI RADEONシリーズ (2007年5月29日現在)
SIS SiS統合チップセット (2007年5月29日現在)